伊東友香

ひとりごと

  • - 2022.04.22 -

    いい陽気

    春だから蝶々が飛んでいる
    浮浪者も歩いてる
    いい陽気だとみんな元気になる

    キッチンカーでアイスカフェラテを買う
    ストローを噛みながらぶらぶら歩く

    世界では戦争をしているけれど
    私は呑気
    いろんなことに気づいても
    何かをするわけじゃない
    何かができるわけじゃない

    結局、私は笑うのだ

    浮浪者の肩に蝶々がとまる

  • - 2022.04.19 -

    ぼんやりとした幸福

    無残に死んでいく人を横目に
    子供のお弁当の献立を考える

    世界は繋がっているはずが
    あまりに遠い

    気に病んで落ち込むのも違うけど
    気にせずに笑っているのも違うだろ

    我が子を守ろうとして
    人の子を殺して
    自分の子も殺される
    歴史の繰り返し

    来年のランドセルの色を悩める
    ぼんやりとした幸福

  • - 2022.04.19 -

    まだだよ

    目をつぶってて
    まだだよ まだだよ

    次に僕が現れたら
    すごく驚いて見せて

  • - 2022.04.19 -

    風の音

    花を見よう
    気が滅入るときは
    息を吸おう
    草の香りの

    私の体を埋め尽くすものが
    自然のものになるように

    耳を澄まそう
    風の音に

  • - 2022.03.24 -

    海にかえる

    どこからが
    自分で
    どこからが
    外なのか

    手を伸ばせば
    空気で
    彷徨えば
    カラなのか

    植え付けられた思想で
    形作られた社会で
    操られてるだけじゃないのか

    この皮を全部剥いだら
    皮膚も肉も骨も失ったら

    小さな命の結晶は
    青く光って
    海にかえろうとするのか

1 2 3 4 5 6 119
Photo ノザワヒロミチ