伊東友香

  • - 2015.08.05 -

    黄昏時

    黄昏ときは 切ないからそばにいてよ 赤ちゃんみたいに 突然 泣きたくなる この世に突然放り出された 柔肌みたいに こころ 傷つきやすくて 感じやすくて どうしようもな…

    つづきを読む

  • - 2015.07.07 -

    愛という復習

    あなたと離れたら 楽かと思った かかわらず自由になりたかった でも、結局 あなたほど私のそばにいてくれた 人はいなかったし あなたほど私を思ってくれた 人はいなかった いつもい…

    つづきを読む

  • - 2015.07.07 -

    夕暮れの匂い

    夜になる少し前に 部屋の電気を消して 空を眺める ライラックブルーが 少しずつ濃くなっていく 灯火が消える前のロウソクみたいで 命が消える前の老人みたいで 泣きたくなる 夕…

    つづきを読む

  • - 2015.07.06 -

    トンネル

    悲しみをくぐる 空の闇 闇の中で瞬く星は 綺麗 冷たさにふるえる 夜の森 森に訪れる朝は 優しい 乾きにたえる 萎れた葉 葉に落ちる雫は 生きる足音 繰り返される営…

    つづきを読む

  • - 2015.06.19 -

    死んでくれよ

    「これから、どうする?」 女はきく。 隙間風が吹きこんだ気がして ストールを巻きつけながら。 「どうするってなにが?」 男はとぼける。 興味もないテレビを見るふりをして。 「あなたが…

    つづきを読む

Photo ノザワヒロミチ